So-net無料ブログ作成
検索選択

DAREDEVIL(デアデビル)全13話を見終えて思う大満足できた3つの理由とは 

スポンサードリンク




まずは、これ見て!
 ↓  ↓  ↓



見終えた感想は?

まずはじめに、ハッキリと言っときますね。
最後まで大満足のストーリー展開でした。

もうね、このドラマは見なきゃ損です。
しかも、加入後一カ月は無料視聴ですから

尚更、「見とけ」って言いたいぐらいです。
感情をかき乱される感覚を

あなたにも味わってほしい。
いいから、騙されたと思って

いや騙されないから安心して
とりあえず「見とけ」!





大満足できた3つの理由とは?



① 勧善懲悪

ドラマの構成は日本人向きかも?
デアデビルのドラマ構成の要素は

日本のコンテンツでも
見受けられるものがある。

まずは、勧善懲悪という要素として
「必殺仕置き人(必殺仕事人)」

そして、週刊ジャンプで連載されていた
ブラックエンジェル」が思い浮かぶ。

また、昼間と夜の顔という二面性を
持ち合わせている意外性も。



② アクション

アクション要素でいえば、「ヤマカシ」や
「ザ・レイド」等のアクション映画が浮かぶ。

「ヤマカシ」は、パルクールという
身体技術を扱った映画。

この技術はフランス発祥で、街中や建物など
関係無く、まるで忍者(忍者を見たこと

ないが、多分こんな感じの身のこなし
だったのだろうと思える)の如くの

身のこなしで移動していく身体技術のことで
デアデビルの主人公の身のこなしと

ダブるのだ。知らない方はyoutubeで。



「ザ・レイド」は、シラットという
インドネシア武術を扱った

スピーディーなアクション映画。
ハリウッド映画での格闘シーンでもシラット

はよく使われている。
CIAやアメリカの軍隊でも導入されている

使える接近戦としての武術だ。
ブルース・リーが広めたジークンドーという

流派にも取り入れられているもの。
日本ではSPの護身術として知られている。

とにかく、見ていてスカッとできる
アクションがデアデビルにはあるのです。



③ コスチュームへの期待

これら2点の要素は、リアルな描写
に役立っているが

このドラマはヒーローものである。
ヒーローにはコスチュームが不可欠。

でも、このヒーローはリアルなレベルの
格好でしか戦わないのだ。ある時点までは。

このドラマが見られるNetflix
(ネットフリックス)にある

ドラマのサムネイルでは
コスチュームを着ているショットが

映っているが、ドラマではなかなか
見せてくれないのだ。

いつ見られるのか・・・
それはゴメンナサイ。言えません(冷汗)

というか、ご自身で確認してほしい。
でも、興味深いのは

ヒーローのコスチュームは
ヒーローが作るのではなく

作り手がいるってことを
知らされたのは新鮮でした。

大体のヒーローものでは
コスチュームは既に出来ていて

どのように作られているのかの描写って
映画にしろ、ドラマにしろ見ないもの。

しかし、コスチュームの作り手がいるって
ことを知らされたのは新鮮だったし

リアルを妙に感じさせてくれて
かえってしっくりくるから不思議だ。



あとがきとダメ出し

ヒーローものっていうと
子供向けと思ってしまう。

しかし、「リアル」と「シリアス」という
演出を加えることで

大人の目に耐えられる映像となることを
これまでも映画でアメリカは証明してきた。

そして、このドラマ「デアデビル」で
またもや証明している。

日本にはなぜ無いのか?
演出力が圧倒的に欠如しているのだろうか。

日本の映画やドラマを見ていて思うのは
どうしても海外と見劣りしてしまうこと。

制作費が無いからとの言い訳をよく聞くが
果たしてそうだろうか。

たまに、莫大な製作費をかけたと
プロモーションする映画はあるが

その莫大なコストに見合った結果を
残せていないのは

やはり、チープな原作と
演出力(構成、脚本含め)の欠如としか

言いようがないと感じる。
そして、何よりスピード感が無く

間延びしていて、引き込み力も無い。
要は全てにおいて見劣りする

駄作ばかりといっても決して
過言ではない。・・・おっと過激(冷汗)。

だから結局のところ、笑いやバラエティーに
しか逃げられないノウハウしか

無いってことなのだと
認識するしかない。

アメリカは秀でた能力を自国に引き込み
常に世界NO1でいるべきとの思想が

各分野に浸透している。
これは、「本気」ってことの表れ。

アメリカに、脚本留学(伏線の張り方)
演出留学(感情の引き込み方)

製作留学(資金の集め方)
等させ続けて、そのノウハウを学び

取り入れる努力をすべきだと思ってしまう。
つまり「本気」になれってこと。

日本にも「本気」を導入してほしい。
せめて、映像の分野だけでも。




このように、いろいろ思わせるほど
このドラマ「デアデビル」は大満足でしたよ。



シーズン2を早く見たい。
2016年が待ちどおしい。


・・・おしまい










スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。