So-net無料ブログ作成
検索選択
ガジェット ブログトップ

simロック解除スマホ ユーチューブで紹介されている端末とは 

前回は、SIMフリーのカードについて
経済的でオススメである理由を紹介しました。

今回は、このSIMカードを挿す端末についてです。
どういうわけか、国内スマホメーカーは
グローバル展開が弱いようですが

そんな中、急成長しているメーカー
近隣の国にいくつかあります。

その中のひとつである台湾のメーカーに
ASUSというのがあります。
読み方迷いますよね。
エースースと読みます。

PC好きな人は、この名前に聞き覚えがあると思います。
このメーカーが昨年と今年にわたり登場させたのが
Zenfone5、Zenfone2という端末です。
因みに、Zenfone2が最新モデルです。




「高性能なのに安い」。とても魅力的な端末なのです。
画面も大きく見やすい。
通信スピードが速い。
操作性が良い。

三拍子揃った理想的端末なので、端末自体の魅力が高く
一部国内キャリアMVNO等が、この端末を取り扱って
います。

これは、ゼンフォンと読みます。
ゼンです。
「禅」。

そうなんです。
日本の「禅」をモチーフにした名前なのです。
親日の雰囲気が、ここにも感じられます。

この名前で、グローバル展開しており
欧米諸国等、全世界で高い評価をされている端末です。
どこの国の方も、安くて良いものに
惹かれるのは同じようです。



他にも、日本や各国の人によるレビュー
ユーチューブで見られます。


いいですよ、これ!


↓これを人差し指で一回押してネ。励みになります!


人差し指を動かしてくれて、ありがとうございました。


次回もオススメ端末をご紹介しますね。

大手キャリアとmvno比較で見えてくるsimロック解除7つのメリットとは   

「simロック解除」、「simロックフリー」

あなたは聞いた事があるだろうか?
言葉だけは聞いたことがあるかもしれない。

これから拡がりを見せていくであろう
新たな通信環境のことです。

あなたはスマホをお持ちかもしれない。
通信キャリアは、次の3社のいずれかかもしれません。
docomo、au、softbank。

普通は、これらのキャリアごとでしか通信ができない
ようになっているのです。
つまり、それぞれのキャリアが有する通信回線と
それぞれのキャリアが扱うスマホを紐付けしている
わけです。

スマホ裏面のフタを開けバッテリーをはずすと
見えてくるのがSIMカード。

subscriber(受信契約者) 
identity (識別) 
module(入れ替え可能機能)

これらの頭文字で「SIM」。

このSIMカードを他のキャリアのスマホで使えないよう
にする事を「SIMロック」といいます。
つまり、ドコモのSIMカードを使えるのは
ドコモが扱っているスマホだけで、auやsoftbankの
スマホでは使えないようにしてあるのです。
これは、auもsoftbankも同様です。

このようなロックがされていないSIMカードを指して
「SIMロックフリー/SIMロック解除」といいます。
通常は「SIMフリー」なんて言い方をします。

では、このSIMフリーをそれぞれのキャリアのスマホに
挿すとどうなると思いますか?

auやsoftbankが扱っているスマホでは使えないのです。
では、ドコモはどうかと言えば使えます。
どういう事か?
実はスマホ自体も、各キャリアのSIMカードしか
使えないような仕様となっているのです。

なぜ、ドコモのスマホでは使えるかというと
通信回線のほとんどを自前で所有しているドコモから
SIMフリーのカードを扱っている事業者は
回線を借りてサービスを提供しているからです。

つまり、回線の元はドコモ。
だから、ドコモが扱っているスマホでは使えるのです。



ここで疑問が湧くかもしれません。
せっかく、SIMフリーカードを手に入れても
使えるスマホは、ドコモだけなのかと。

ご心配は不要です。
SIMフリーカードを使えるスマホが
続々と登場してきていますので。

だから、好きなスマホに好きなSIMカードを挿せる。
何年縛りとかが無く使っていけるのです。
もう自由なのです。

SIMフリーのスマホは、家電店で実機に触れることが
できます。多少のデザインや色の違いはあれど
見た目はほとんど同じようなものです。

しかし、その性能は価格に比例していますので
ネットで性能比較を調べて、またはyoutubeなどの
レビューを参考に、お店で実機を確認。

こんな流れで
自分に合ったSIMフリーのスマホを手に入れてください。
ちなみに、価格はピンキリです。

では、どこでSIMフリーカードを手に入れるのか?
ですよね。
これも、今ではかなり多くのサービス供給事業者が
あります。この事業者をMVNOと言います。

Mobile (携帯、移動等ができる小型情報通信機器)
Virtual (仮想)
Network (情報網)
Operator(運営者)

これらの頭文字で「MVNO」。
つまり、仮想移動体通信事業者と言われています。


いままで利用してきたキャリアは、街のあちこちに
お店があるので気軽に行くことができました。

でも、MVNOは実店舗がありません。
すべて、ネットで手続きしなければなりません。
これを聞くと、なんとなく不安がよぎってくるかも
しれません。でも、長い時間待たされる事が無く
申込も簡単です。

最大のメリットは、料金が格安というところなのです。
キャリアでは、音声通話と通信セットのパックで
6,000〜7,000円ほど毎月かかると思いますが
MVNOの料金は、今までの1/3〜1/4になります。

実店舗や窓口対応者などのコストが無いから
格安になるってことです。

しかも、電話は使わないけどネットはしたい
なんて方には、毎月1,000円以下で利用できるものも
あるのです。

実店舗には、毎日のように行かないですよね。
買い替え等が無ければ行かないですよね。
今まで通りにキャリアを使い続けるならば
滅多に行かないキャリアショップの維持コストのために
あなたは高額料金を払い続けなければなりません。



①料金格安。
②キャリア縛りが無い。
③使用量に応じて選択できる。
④音声通話と通信の組合せが自由。
⑤好きなスマホと好きなSIMカードで使える。
⑥多くのMVNOから選べる。
⑦巨大通信網を所有しているドコモの回線が元で安心。


あなたも初めてみては?


↓これを人差し指で一回押してネ。励みになります!


人差し指を動かしてくれて、ありがとうございました。

念のため・・・ドコモの回し者ではありません(笑)


ガジェット ブログトップ

スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。